こんにちは、国際行政書士の横山です。

みなさんは、「資格外活動許可」と聞くと、

留学生ビザを持っている方がアルバイトするためのパーミッション、

または、家族滞在ビザの方のパートタイム・ジョブの許可証というイメージが強いかもしれません。

 

「資格外活動許可」の本来の意味としては、

外国人の方が持っているビザによって、日本ですることができる活動は制限されていますので、

それ以外の活動を行いたいという場合に、この「資格外活動許可」を受ける必要があるというものです。

ただ、ご自身のビザができる活動が何なのか、がわからないと、

それ以外の活動が何かもわかりませんので、この点が、「資格外活動」の意味を分かりにくくしているのかもしれません。

留学生ビザで、アルバイトするのには資格外活動許可が要りますが、

就労系のビザで、学校に通うのには資格外活動は要りません。

 

また、資格外活動許可のポイントとしては、

メインの活動ではなく、あくまでビザ本来の活動を妨げない範囲での活動、要するに余った時間での活動であること!

バイトに専念しすぎて、学校の出席率が著しく悪い留学生が、

ビザ延長してもらえないケースは、ご周知のとおりです。

 

前置きが長くなってしまいましたが、

次回、やや特殊な資格外活動許可として、「投資・経営」の資格外活動許可について、お話します。

次のページへ→

 

当事務所へのお問い合わせはこちら

 
在東京創業的外國人通過審查能拿6個月的經營管理簽證 ▶