こんにちは。国際行政書士の横山 晋です。

日本にいるためのビザがもうすぐ切れるので、早めに更新手続きしておこうという方へ。

さっさと書類出して済ませたい気持ちはわかりますが、

まずは、胸に手を当てて振り返ってみてください。

前回のビザ延長から、あなたの身の回りに、何かトラブルはありませんでしたか?

 

「よくある質問」のページにも載せていますが、

ビザ更新の際に審査されるのは、下記の点です。

  • 日本での活動が在留資格に該当しているか?
  • 法務省令の上陸許可基準に適合しているか?
  • 素行が不良でないか?
  • 独立の生計を営むに足りる資産等を有しているか?
  • 雇用・労働条件が適正か?
  • 納税義務を果たしているか?
  • 入管の届出等の義務を果たしているか?

いまさらこんなに審査されるのか!と驚くかもしれませんね。

最近多いのは、申請してしばらくたつけど、まだ結果が出ないので不安だというお問い合わせ。

よくよく話を聞いてみると、夫と別居中だったり、警察に捕まったことがあったり、

何かしらトラブルがあった方の場合が多いです。

こういったトラブルがあった場合、ビザ延長の申請のときは、必ず包み隠さず、正直に話してください。

具体的には、理由書として、トラブルの経緯、原因、そしてそれでも日本に居る必要がある理由

書面にまとめて申請書と一緒に提出します。

 

何か疑われるようなトラブルはなかったかどうか、

あわてて申請する前に、もう一度、考えてみてください。

 

自分のケースはどうかな?と思ったら、

お気軽にお問い合わせください。