外国人のビザ申請、在留資格申請、国際結婚、永住、帰化、起業支援をメインとした法務事務所

MENU

在日外国人のための【オーストラリア出張(ビジネス)ビザ】

ここでは、日本在住の外国人の方が、会社の出張や、イベントに参加するなどの目的で、

ビジネス上、オーストラリアに出張に行く場合に必要となる、

オーストラリアのビジネスビザビザの申請について、

行政書士が詳しく説明します。

観光ビザについては、こちらのページをご覧ください。

(重要)現在、中国籍をはじめ、各国の方は、ImmiAccountを通じてオンライン申請ができます。

しかし、ここでは、書面申請の手順を記載しています。

 

在日外国人のためのオーストラリア・ビジネスビザについて

観光ビザと同様に、次にあげる国籍の方が、オーストラリアに旅行で行く場合、事前にVISAの取得が必要です。

日本の永住権を持っていても、国籍(パスポート)がこれらの国であれば、ビザが必要になりますので、ご注意ください。

ビザが必要な国籍の方(2018年10月1日現在)

例:

  • 中国(中華人民共和国・メインランドチャイナ)P.R.China
  • ベトナム Vietnam
  • タイ Thailand
  • モンゴル Mongolia
  • インドネシア Indonesia
  • フィリピン Philippines
  • ミャンマー Myanmar
  • カンボジア Cambodia
  • インド India
  • パキスタン Parkistan
  • バングラデシュ Bangladesh
  • ネパール Nepal
  • スリランカ SriLanka
  • トルコ Turkey
  • ブラジル Brazil
  • ペルー Peru

ビジネスビザの種類は?

さて、これら国籍のパスポートをお持ちの方が、

短期間(3カ月以内)の顧客訪問、契約交渉、商談等の出張目的で申請する場合に申請するのは、

「訪問ビザ サブクラス600 商用公用ストリーム(Visitor visa (subclass 600) Business Visitor stream)」です。

次のような場合が該当します。

  • 会社の出張で、オーストラリアの取引先を訪問する場合
  • 学会に出席する場合
  • 展示会に出展し、出席する場合

ビザが許可された場合、初回から1年間有効のマルチプル・ビザ(複数回の渡航可)を付与される場合もあれば、

シングル・ビザ(1回の渡航のみ許可)の場合もあり、大使館の判断にゆだねられます。

ビザの必要書類は?

ビザの必要書類は、各人のケースによって若干異なるため、

ここでは、一般的なケースとして、日本在住の外国人の方で、日本で会社勤務している場合を前提に、必要書類を挙げています。

もちろん、ケースによっては、これ以外の書類も必要となります。

必要書類

  • 申請書 Form 1415, Application for a Visitor visa – Business Visitor stream(英文で記載)※
  • Tax Invoice/Receipt(ImmiAccountから申請料金の支払い済みを証明するレシート)
  • 証明写真(4.5cm×3.5cm) 1枚
  • 有効なパスポートの全ページのコピー
  • 在留カードの表裏面のコピー
  • 本国のIDカード(身分証・National identification card)のコピー
  • 個人の銀行口座の預金残高証明書(英文)
  • 住民票(世帯全員の記載があるもの)(英訳が必要)
  • 在職証明書・出張命令書(現在の職務内容とオーストラリア滞在中の業務を明記したもの)(英文)
  • 勤務先の会社案内(英文)
  • オーストラリア滞在中の出張予定計画書(英文)
  • (学会やセミナーに参加する場合)学会詳細、招聘状、参加登録の証明書のコピー(英文)
  • オーストラリア国内の訪問先企業からの招待状(英文)
  • 航空券、ホテルなどの英文予約確認書(あれば)

など。

申請書Form 1415

申請書の書類は、Form 1415になります。観光ビザ用の申請書Form 1419とは、異なりますので、間違えないようにしてください。

申請書は、英語版のみで、残念ながら、日本語版の申請書はございません。

証明写真のサイズ

証明写真のサイズは、「4.5cm×3.5cm (45mm×35mm)」です(パスポートサイズ)。

日本の在留資格の申請に使用するサイズ(40mm×30mm)とは、異なりますので、

間違えないように、ご準備ください。

申請料金の支払い

申請料金については、海外で使用できる国際クレジットカード、または、デビットカードで支払うのが一般的です。

ImmiAccountというオンラインシステムを使って、決済します。

決済が完了しましたら、140オーストラリアドル(と手数料)が引き落とされます(2018年10月1日現在)。

支払い完了後、Tax Invoice/Receiptをプリントし、申請書に番号を記載します。

※ImmiAccountを通じて申請料金を支払う方法は、こちらのページから。

書類の英語翻訳

提出書類はすべて英語で書かれている必要があります。

オーストラリアの取引先からの招待状(インビテーション)は、英文で提供されるので、問題ないでしょう。

しかし、日本の会社が発行する在職証明書や、出張命令書は、会社が英語で作ってくれるとは限りません。

また、住民票は、通常、市区役所が英語では発行してくれません。

その場合、日本語の書類を、英語に翻訳する必要があります。

さらに、日本語またはその他の外国語で書かれた書類の英訳は、翻訳者の指定があります。

オーストラリア公認翻訳者「NAATI」、またはプロの翻訳者による英文翻訳が必要です。

翻訳会社に翻訳を依頼し、翻訳業者のレターヘッドを使用したもの、または社印・認証印の押印、翻訳業者/翻訳者の連絡先が明記してもらうようにしましょう。

あなたが、英語ができるからといって、勝手に自分で翻訳しないようにしてください。

(翻訳を当事務所にご依頼いただく場合は、お問い合わせ頁からご連絡ください。)

 

申請の提出先は?

書類を整えたら、日本のオーストラリア大使館ではなく、

韓国・ソウル オーストラリア大使館ビザ課に郵送することになっています。

国際郵便ですので、EMS等を使用するのが安心でしょう。

注意点としては、パスポートなどの原本を郵送することのないようにしてください。

ビザが下りても、通常はパスポートにシールまたはスタンプは押されません。

オーストラリアでは、ビザ発給業務に電子システムを導入おり、このシステムによって、パスポートにビザシールを添付することなく電子的にビザを確認しています。

 

また、書類に不備が無く、申請が受理されたら、オーストラリア大使館からメールが届きます。

無事に受理の連絡が来ましたら、後は結果を待つだけです。

審査に係る時間は、標準処理期間が、9日~17日程度となっています。

また、上述のImmiAccountからも進捗状況を確認できます。

 

許可の際に、メール送信された通知(VISA GRANT NOTICE)のPDFは、プリントアウトして、渡航の際に忘れずに持っていってください。

 

申請代行します。お任せください。

当事務所でも申請代行いたします(書面申請のみ)。お気軽にご相談ください。

ご依頼いただく場合の流れは、こちら→

電話(03-6264-9388)またはメール、もしくは、微信(visa_hengshan4838)まで。

中文直撥 080-4838-1104

参考ページ

日本語サイト

中国語サイト

多言語サイト

アメリカビザ(外国人向け)

メインページに戻る

 

VISA(ビザ)

中国語 english
ご相談などお気軽にお問い合わせください
TEL 03-6264-9388 (中文對應)
営業時間:月~金10:00〜19:00
[緊急時は080-3259-9427(行政書士直通)まで]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

VISA(ビザ)

  • facebook
クービック予約システムから予約する
PAGETOP

Copyright © 2014 – ‘2018’ 外国人のVISA専門オフィス All Rights Reserved.