外国人のビザ申請、在留資格申請、国際結婚、永住、帰化、起業支援をメインとした法務事務所

MENU

養豚業界で働く人向け就労ビザ申請指南

農業従事者のための就労ビザ(養豚業を例に)

日本農業新聞によると、2017年10月末で、農業に従事する外国人は2万7139人で、

そのうち90%が技能実習生とのこと。

技能実習生は、研修が目的のため、期限が決められた在留のみを認められ、

就労先を変更する自由もない。

 

これに対して、「専門的・技術的分野」の外国人としての就労が認められる

「技術・人文知識・国際業務」ビザであれば、

在留期限の制約もなく、転職も比較的自由になり、ゆくゆくは永住権も許可される可能性がある。

 

農業従事者として、「技術・人文知識・国際業務」ビザが許可されるには、

農学の研究者や農業法人の経営層が考えられる。

それ以外にも、養豚農民、養蜂農民、肉牛農民、乳牛農民、綿羊飼育員、家禽飼育員などがある。

たとえば養豚学の知識を生かした養豚業の業務、

つまり、養豚場の企画、組織、コントロール及び運営を行い、

豚の飼育業に従事する業務も、専門性が認められれば、就労ビザ取得の可能性があるだろう。

もっとも適任であるのは、養豚学を学んで大学等の教育機関を卒業している場合だ。

これらを学んで、さらに10年以上の実務経験を積み、専門的な資格を持っていると尚良いだろう。

その他の就労ビザ

 

お気軽にご相談ください。お問い合わせページ 又はお電話(03-6264-9388)から。

VISA(ビザ)

中国語 english
ご相談などお気軽にお問い合わせください
TEL 03-6264-9388 (中文對應)
営業時間:月~金10:00〜19:00
[緊急時は080-3259-9427(行政書士直通)まで]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

VISA(ビザ)

  • facebook
クービック予約システムから予約する
PAGETOP

Copyright © 2014 – ‘2018’ 外国人のVISA専門オフィス All Rights Reserved.