外国人のビザ申請、在留資格申請、国際結婚、永住、帰化、起業支援をメインとした法務事務所

MENU

子供のビザ(小中高生の留学)

小学生、中学生、高校生でも留学ビザを取得することができます。

長期の留学も可能で、要件が整う限り、更新もできますので、最終的には、大学卒業まで更新し続けることができます。

ここでは、申請の要件必要書類、そして流れについて、ご説明します。

小学校・中学校・高校生の留学の要件

【共通の要件】

① 日本にある次の学校に入学して通学すること。

  • 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。)、特別支援学校の高等部 ※定時制を除く
  • 中学校(義務教育学校の後期課程及び中等教育学校の前期課程を含む。)、特別支援学校の中学部
  • 小学校(義務教育学校の前期課程を含む。)、特別支援学校の小学部

② その外国人児童・生徒が日本に滞在するのに必要な費用(学費、住居費、生活費、渡航費など)が十分にあること。

【高校生の場合】

① 年齢が20歳以下であること。

② 国内外の教育機関において、1年以上の日本語の教育又は日本語による教育を受けていること。

【中学生の場合】

① 年齢が17歳以下であること。

② 日本に、外国人生徒の監護者(日本にいる親代わりとなる人。親族、寮母、ホームステイ先の世帯主など。)がいること。

③ 入学予定の中学校に外国人生徒の生活の指導を担当する常勤の職員が置かれていること。

④ 常駐の職員が置かれている寄宿舎その他の外国人生徒が日常生活を支障なく営むことができる宿泊施設が確保されていること。

【小学生の場合】

① 年齢が14歳以下であること。

② 日本に、外国人児童の監護者(日本にいる親代わりとなる人。親族、寮母、ホームステイ先の世帯主など。)がいること。

③ 入学予定の小学校に外国人児童の生活の指導を担当する常勤の職員が置かれていること。

④ 常駐の職員が置かれている寄宿舎その他の外国人児童が日常生活を支障なく営むことができる宿泊施設が確保されていること。

※小中学生の場合には、1年以上日本語教育を受けたことの要件はありませんが、

実際には、日本語が一切できない場合、日本で学校に通うことができず、

留学の要件を満たさないと考えられるため、不許可となる可能性が高くなります。

必要書類

  • 申請書(写真貼付)
  • 申請書(学校記載用)
  • パスポートのコピー
  • 学校が発行した入学許可書
  • 監護者に係る証明書類
  • 経費支弁者に係る、留学生の在留中の一切の経費の支弁能力を証する文書及び関係の説明書
  • 卒業証明書及び経歴を明らかにする文書
  • 日本語教育機関における日本語学習歴の証明文書
  • 外国人児童・生徒が、日常生活を営むこととなる宿泊施設の概要を明らかにする資料

申請までの流れ

STEP1
まず、学生寮に入るのではない限り、日本に伯父・伯母など、住居を提供してくれる親族が必要です。
STEP2
そして、次に、日本で入学を許可してくれる学校を探します。受け入れ先の学校が見つからない限り、ビザの申請はできません。日本の住民ではない場合、国公立の学校は受け入れないことが多く、一般的には私立学校を探すことになります。
STEP3
受け入れ先の学校も決まりましたら、書類を整えて、在留資格認定証明書の交付申請を行います。
STEP4
2~3か月程度で交付されますので、それを本国に郵送し、VISAを取得します。
STEP5
来日後、無事に入学できます。

 

よくある質問

入学を認めてくれる学校を紹介してもらえますか?
申し訳ありません。こちらは留学エージェントではないので、学校を紹介するサービスは行っておりません。
日本に親戚がいないのですが、申請できますか?
日本に親戚がいない場合、学生寮の完備している学校を探すしかありません。現時点では、そのような学校は多くないのが現実です。
子供の留学ビザを取得後、保護者のビザも取得できますか?
お子さんの留学ビザが取得できたとしても、保護者のためのビザは用意されていません。したがいまして、保護者も日本のビザを取得したいのであれば、子供の留学ビザとは関係なく、別のビザを取得するしかありません。
留学ビザでインターナショナルスクールも通学できるのでしょうか?
日本の学校教育表上、インターナショナルスクールは、小学校又は中学校とはみなされておりません。各種学校の一つとみなされています。従いまして、この小中高生の留学ビザでは、日本でインターナショナルスクールに通学することはできません。

 

当事務所はビザ申請も一人一人オーダーメイドです

ビザ申請に一つとして同じ申請はありません。

皆さまそれぞれ個別の事情や経緯があって、一人一人のケースに応じて、選ぶべきビザの種類、準備すべき書類、説明する内容が異なります。

当事務所では、お客様の個別のケースを詳しく聴かせていただき、もっともよいと思われる選択をご提案し、オーダーメイドで申請書や理由書などの書類を作成いたします。一つとして同じ書類はありません。

まずは、下記、ウェブサイトのお問い合わせページ、または、お電話から、お気軽にお問い合わせください。

TEL 03-6264-9388

中文直拨 080-4838-1104

メールでのお問い合わせ

VISA(ビザ)

中国語 english
ご相談などお気軽にお問い合わせください
TEL 03-6264-9388 (中文對應)
営業時間:月~金10:00〜19:00
[緊急時は080-3259-9427(行政書士直通)まで]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

VISA(ビザ)

  • facebook
クービック予約システムから予約する
PAGETOP

Copyright © 2014 – ‘2018’ 外国人のVISA専門オフィス All Rights Reserved.