外国人のビザ申請、在留資格申請、国際結婚、永住、帰化、起業支援をメインとした法務事務所

MENU

実績紹介 ~留学生のビザ~

 留学生(ビザ)の事例

事例1

【留学生が出席不良の場合】日本の大学に在学中の留学生のビザ更新の依頼を受けました。特別な事情により、学校の出席率が非常に低い状態でしたが、学校側とも連絡を取り、また通学できなかった特別な事情を、本国の書類を取り寄せたりして、丁寧に説明することで、許可されました。

事例2

【緊急対応】ビザの更新を忘れていた留学生がオーバーステイを恐れて中国に帰国。その後、日本での通学を継続できるように、再度在留資格認定証明書(COE)の交付を行い、短期間で許可を取得。学校をそれほど休むことなく、復学することができました。中国にいるご本人と、日本の学校と、3者とやり取りしながらスムーズに申請を行いました。

事例3

【いったん帰国してからの再来日】第一志望の大学に合格して喜んでいたのもつかの間、現在通学の別の某学校を中退したことから、成績・出席証明書をもらえないというトラブルに。単純なビザ更新は、不許可になる恐れがあることから、一旦、本国に帰国し、在留資格認定証明書(COE)の交付を行い、再来日する方法をアドバイスし、無事に許可を取得。大学の入学式にも参加することができました。本人の理由書、行政書士からの意見書、それを証明する各種添付書類を準備しました。

事例4

【留学生の家族ビザ】日本で大学に通っている留学生の方の奥さんの「家族滞在」ビザを新規で申請しました。奥さんを扶養する留学生が、大学の本科生ではなく、科目履修生でしたが、長期審査と、合計3回にも及ぶ追加書類を提出して、在留資格認定証明書(COE)が交付されました。ご夫婦で来日することができ、とても喜んでいらっしゃいます。

事例5

【留学生のCOE再申請】日本で日本語学校に通っていた留学生が、大学に入学したので、ビザ更新申請をしたところ、日本語学校の出席率不良のため、不許可となりました。一般的に、一度出席不足のために不許可になると、特別な理由がない限り、今後も同じように学校に行かないのでは?と疑われますので、再申請しても、許可への道は簡単ではありません。行政書士が、留学生本人、中国にいるご両親、学校、入国管理局の審査官の4者と、丁寧な協議を重ねて、どうすれば学校で勉強することができるのか、入学のスケジュールから、卒業に至るまでの計画を話し合って確定し、ビザが許可されました。
その他の多数の実績がございます。お気軽ご連絡ください。

電話:03-6264-9388

中文熱線:080-4838-1104

微信号:visa_hengshan

邮件咨询请点击

お客様からのお喜びの声を見る

実績紹介ページ

メインページに戻る

中国語 english
ご相談などお気軽にお問い合わせください
TEL 03-6264-9388 (中文對應)
営業時間:月~金10:00〜19:00、土10:00~17:00
[緊急時は080-3259-9427(行政書士直通)まで]

PAGETOP

Copyright © 2014 – ‘2019’ 外国人のVISA専門オフィス All Rights Reserved.