こんにちは。国際行政書士の横山です。

今日は、配偶者のための家族滞在ビザ(Dependent Visa)の取得条件を説明します。

1.      扶養者は、以下のいずれかのビザをもっていること。

教授       芸術          宗教            報道            経営・管理                  法律・会計業務

医療       研究          教育            技術・人文知識・国際業務     企業内転勤

興行       技能          文化活動     留学(※大学生等一部のみ)  高度専門職

※特定活動ビザの配偶者の場合は別のビザになります。

 

2.      扶養者が、経費支弁能力を有すると認められること。

扶養者の経済的、資金的裏付けが必要です。

配偶者は、原則として同居しており、相手方に経済的に依存している状態である必要があります。

 

 

3.     扶養者と現在婚姻中であること。

同性婚、死別と離婚後は認められません。

また、内縁の妻などいわゆる事実婚(Commonlaw marriage)も認められません。

※事実婚については、別の在留資格が認められる場合があります。

 

なお、家族滞在ビザ(Dependent Visa)で行える活動は、日常的な家事などです。

ただし、語学学校など教育機関で勉強することは問題ありません。留学ビザに変更する必要はないです。

パートをしたい場合は、資格外活動許可を取得して、週28時間の範囲内で、行うことができます。

参考ページ

为中国家庭代办日本家属(家族滞在)签证

就労ビザ(料理人向け)

就労ビザ(技術者向け)

就労ビザ(転職者向け)
ご不明な点がありましたら、よこやま行政書士まで、お気軽にお問い合わせください。