外国人のビザ申請、在留資格申請、国際結婚、永住、帰化、起業支援をメインとした法務事務所

MENU

実績紹介 ~国際結婚・家族呼び寄せ~

 1.国際結婚と配偶者ビザ申請の事例

事例1

【本人申請で不許可後の配偶者ビザ】日本で技能実習歴がある中国人妻と日本人夫が結婚後、日本で生活するため、中国人妻を呼び寄せる結婚ビザを申請代行しました。国際遠距離恋愛中はLINE等のツールを使って愛を育んでいたとのことで、二人のコミュニケーションを伝えました。約2ヶ月半で許可が下りました。

事例2

【ベトナム人婚約者の訪問ビザ】ベトナム人フィアンセ(婚約者)を両親に紹介したいという意向を受け、日本に呼び寄せるビザ申請書の作成を代行しました。まだ結婚前で親族となっておらず、国際遠距離恋愛中で交際開始してまだ3カ月と短かったものの、本国の日本大使館の面接を経て、約1週間で短期滞在として最長の90日間のビザが交付されました。

事例3

【再婚後の永住者の配偶者ビザ】日本在住の永住者の方と、元日本人の配偶者との方の日本国内での結婚とビザ変更をお手伝いしました。元日本人の配偶者の方は、離婚後1年以上が経過しており、ビザをいつ取消されてもおかしくない状態でしたが、お相手の永住者との交際の過程や真実の愛である点を丁寧に説明することで、無事に1年間の永住者の配偶者ビザに変更できました。

 2.外国から家族ビザの事例

事例1

【親子関係のない家族ビザ(小学生)】日本在住の就労系ビザ持つ外国人の子どものために、短期滞在ビザから家族ビザへ変更しました。実の子でもなく、養子でもないという特殊なケースでしたので、「家族滞在」ビザには当てはまらなかったため、特別なビザ申請を行い、約3カ月強の審査期間がかかりました。その結果、無事に1年間の中長期のビザ(特定活動)に変更が認められました。日本で小学校に通うことができ、親子でとても喜んでいらっしゃいました。

事例2

【留学生の家族ビザ】日本で大学に通っている留学生の方の奥さんの「家族滞在」ビザを新規で申請しました。奥さんを扶養する留学生が、大学の本科生ではなく、科目履修生でしたが、長期審査と、合計3回にも及ぶ追加書類を提出して、在留資格認定証明書(COE)が交付されました。ご夫婦で来日することができ、とても喜んでいらっしゃいます。

事例3

【家族ビザ申請で、入管からの疑い】。申請者ご自身で、奥様の新規ビザを申請したところ、婚姻歴、結婚の記録に疑義があり、入国管理局で、慎重審査に回されていました。行政書士が、事情をお聞きし、提出済みの書類を詳細に確認したところ、疑義を生じさせる原因を特定することができました。これにより、本国から過去の離婚歴にかかる証明書などを追加し、別途、詳細な説明書を書き加えることで、無事に在留資格認定証明書(COE)が交付されました。

事例4

【高度人材の両親の長期ビザ】幼い孫の面倒を見るために来日したおばあさん。90日間の親族訪問ビザで滞在中に、日本で就労しているお子さんの高度人材ビザを申請し、その後、おばあさんの高度人材が扶養する親のビザへの変更申請を行い、一度も帰国することなく、無事に在留カードが交付されました。

 

その他の多数の実績がございます。お気軽ご連絡ください。

電話:03-6264-9388

中文熱線:080-4838-1104

微信号:visa_hengshan

邮件咨询请点击

お客様からのお喜びの声を見る

実績紹介ページ

メインページに戻る

中国語 english
ご相談などお気軽にお問い合わせください
TEL 03-6264-9388 (中文對應)
営業時間:月~金10:00〜19:00、土10:00~17:00
[緊急時は080-3259-9427(行政書士直通)まで]

PAGETOP

Copyright © 2014 – ‘2019’ 外国人のVISA専門オフィス All Rights Reserved.