「日本再興戦略2016」で提唱している

日本版高度外国人材グリーンカード

がより具体的に動き始めました。

新聞各紙でも大きく取り上げられています。

 

これは、高度人材外国人にとって、

永住申請がよりやりやすくなる

というものです。

 

現在、法務省では、具体的な永住許可のガイドラインの変更に向けて、

意見公募(パブリック・コメント)を募集しています。

 

最終的なガイドラインがどのようになるかは、まだわかりません。

ですが、

  • 現在高度人材であれば、3年で永住申請できる。
  • 現在高度人材ではなくても、3年前に高度人材の条件を満たしていたことが証明できれば、同じように、3年で永住申請できる。

さらに、優遇策として、

  • 現在80点以上の高度人材であれば、1年で永住申請できる。
  • 1年前に、80点以上の高度人材の条件を満たしていたことが証明できれば、同じように、1年で永住申請できる。

となる可能性があります。

 

また、高度人材として認められるための基準表(ポイント表)も、

項目の改正が予定されており、

使いやすくなる見込みです。

(同じように、法務省令の改正に向けた意見公募が行われています。)

 

今後も、改正の結果を注視していきます。

 

行政書士 横山 晋

 

参考ページ:

(外部リンク)

メインページに戻る