外国人のビザ申請、在留資格申請、国際結婚、永住、帰化、起業支援をメインとした法務事務所

子どものビザ(日本人父と外国人母の子の日本国籍取得)

認知された子の国籍の取得(国籍法第3条)要件

日本人父と外国人母との間に、婚姻前に生まれた子は、原則として、父から胎児認知されている場合を除き、出生によって日本国籍を取得することはありません。
生まれた子供に日本国籍を取得させる場合には、法務大臣に届け出ることによって、日本国籍を取得します。

次の要件が必要です。

  1. 届出の時に20歳未満であること。
  2. 認知をした父が子の出生の時に日本国民であること。
  3. 認知をした父が届出の時に日本国民であること。(認知をした父が死亡しているときは,その死亡の時に日本国民であったこと。)
  4. 日本国民であった者でないこと。

 

手続きの流れ及び必要書類の例

手続きの流れ

※ここでは、日本人父が日本在住で、中国人母子が中国在住の例を挙げています。

  1. 日本人父の本籍地または所在地の市区町村で、子の認知届を行う。
  2. 書類を揃えて、母子の在住する中国の日本大使館/領事館に事前相談に行く。
  3. 日本大使館で届出を行う。
  4. 父母子の3人が出向き、領事と面談する。
  5. 法務省にて審査。必要に応じて、書類の追加や事情説明を行う。
  6. 国籍取得が許可される。

許可までには約半年から一年がかかります。

 準備する書類(認知届の際)

  • 子の出生証明書及び国籍証明書、その訳文
  • 母の独身証明書及び国籍証明書、その訳文
  • 父の戸籍謄本、身分証明書、印鑑 など

 準備する書類(国籍取得届の際)

上記認知届で使用した書類の他に、

  • 母と子の居住証明書
  • 父と母からのそれぞれの認知するに至った経緯等の申述書
  • 父母それぞれの出入国履歴
  • 父と母と子の親族関係公証書 など

 

国籍取得届についてのお問い合わせはこちら

または、お電話でお問い合わせください。

参考ページ

サービス

中国語 english
ご相談などお気軽にお問い合わせください
TEL 03-6667-4918 (中文對應)
営業時間:月~金10:00〜19:00
[緊急時は080-3259-9427(行政書士直通)まで]

サービス

クービック予約システムから予約する
PAGETOP

Copyright © 2014 – ‘2017’ 行政書士横山国際法務事務所 All Rights Reserved.