中文版  ภาษาไทย  Tiếng Việt  Монгол  こんにちは。行政書士の横山です。

日本在住の中国籍の方から、最近たくさんお問い合わせをいただきます、

オーストラリアへの観光ビザの申請について、

詳しく説明したいと思います。

(重要)2017年2月20日より、中国籍の方のオンライン申請が可能となっておりますが、

ここでの手順は、書面申請の内容となります。ご了承ください。

 

取得するビザの種類

ここでは、次のビザを申請する場合について説明します。

訪問ビザ (サブクラス 600)  で、

観光ストリーム Tourist stream: 娯楽、親族・友人訪問等、観光目的で訪問する場合。

 

必要書類

日本在住の中国人の方で、日本で仕事しているか、

または、日本人の配偶者など身分系ビザで生活している場合を前提に

必要書類を挙げています。

もちろん、ケースによっては、これ以外の書類も必要となります。

  • 申請書 Form  1419, Application for a Visitor visa – Tourist stream(英文で記載)
  • 申請料金の支払い証明書  ※ImmiAccountを通じて、オンラインでクレジットカード決済します(注)。
  • 証明写真(3.5㎝×4.5㎝) 1枚
  • 有効なパスポートの全ページのコピー
  • 在留カードの表裏面のコピー
  • 中国身分証のコピー
  • 個人の銀行口座の預金残高証明書(英文)
  • オーストラリア滞在中の旅行計画書(英文)
  • 日本国籍の配偶者の場合は、日本国籍者の戸籍事項全部証明書(戸籍謄本)(英訳が必要)
  • 住民票(英訳が必要)
  • 日本での在職証明書(英文)

など。

(注)現在、オーストラリア当局は、ImmiAccountを通じたオンライン決済での支払いを推奨しています。

ImmiAccount経由での大使館手数料のお支払いについて

申請書Form 1419

※申請書Form1419の各国語版PDFは、こちらのページをご覧ください。中国語版もあります。

Form 1419 各国語版ダウンロードページ

証明写真のサイズ

証明写真のサイズは、「4.5cm×3.5cm (45mm×35mm)」です(パスポートサイズ)。

日本の在留資格の申請に使用するサイズとは、異なりますので、

間違えないように、ご準備ください。

申請料金の支払い

申請料金については、海外で使用できる国際クレジットカード、または、デビットカードで支払うのが一般的です。

ImmiAccountというオンラインシステムを使って、決済します。

決済が完了しましたら、140オーストラリアドル(と手数料)が引き落とされます(2018年9月1日現在)。

※ImmiAccountを通じて申請料金を支払う方法は、こちらのページから。

書類の英語翻訳

注意点としては、

書類はすべて英語で用意する必要がある点です。

パスポートや在留カードは、英文でも併記されているため、わざわざ翻訳する必要はありませんが、

在職証明書、旅行計画書、預金残高証明書などは、英文で作成するか、

英文で作成できない場合は、英語への翻訳が必要です。

その場合、自分で翻訳したものは認められず、

オーストラリア公認翻訳者 – NAATIまたはプロの翻訳者による英文翻訳が必要です。

翻訳された文書は翻訳業者のレターヘッドを使用したもの、

または社印・認証印の押印、翻訳業者/翻訳者の連絡先が明記してあるものを提出します。

 

また、申請者が、下記の場合にも必要書類が異なります。

  • 18歳未満の場合
  • 75歳以上の場合
  • 軍隊勤務の経歴がある場合
  • 滞在予定期間が3カ月以上の場合
  • オーストラリアに親族がいる場合

 

申請の流れ

1.書類を整えます。翻訳が必要な書類は英文に翻訳します。

2.ImmiAccountにより、申請手数料をカード決済します。

3.ソウルにある在韓国オーストラリア大使館ビザ課にEMS等国際郵便で書類を郵送します。

(2018年9月時点の郵送先)

Postal Address:
Visa Section, Australian Embassy
KPO Box 562
Seoul 03187

(重要)2017年2月20日より、中国籍の方のオンライン申請が可能となっております。

 

4.大使館が受領した後、申請書に記載したe-mailアドレス宛てに受付の連絡が来ます。

5.審査状況は、適宜ImmiAccountからオンラインで確認できます。

処理済~_status

6.同じe-mailアドレスに、許可(Grant)または不許可の通知が来ます。

許可の際に、メール送信された通知(VISA GRANT NOTICE)のPDFは、

プリントアウトして、旅行に行くときに忘れずに持っていってください。

 

なお、パスポートには、VISAのスタンプもシールも押されません。

 

審査にかかる時間は?

観光ストリームのSub class 600のVISAの場合、

通常1カ月以内に結果が通知されることが多いです。

 

審査にかかる費用は?

これらの費用がかかります。

  • オーストラリア大使館へ支払う申請料金 140豪ドル(約12,000円)
  • 銀行残高証明書 約800円
  • 戸籍謄本翻訳費用(NAATI翻訳会社) 約10,000円~
  • 住民票翻訳費用(NAATI翻訳会社) 約10,000円~
  • 在韓国豪州大使館への郵送費 約1,400円

つまり、自分で申請しても3万5000円以上の費用がかかります。

翻訳量によっては、もっとかかるでしょう。

当行政書士事務所にご依頼いただく場合は、翻訳費、郵送費込みで以下の価格でご提供しています。

料金表(標準プランのみ)

手続きの種類 標準プラン
Standard Plan
在日外国人のオーストラリア観光ビザ(翻訳費用込)
※以下の場合は、¥10,000割引

  • 当事務所で2回目の申請(リピーター)
  • 3カ月以上先の渡航予定
¥40,000
ご家族で同時申請の場合、2人目以降 +¥20,000/名
翻訳のみの対応 ¥5,000/ページ

※不許可後の再申請、特殊事情のある方は、別途お見積もりします。

ご家族の同時申請は、お値引きします。

 

もらえるビザは?

大使館の判断となりますが、

有効期限1年の、滞在可能期間3カ月のシングル(1次)ビザ

が一般的です。

 

行政書士事務所に依頼するメリットは?

行政書士横山国際法務事務所にご依頼いただいた場合、4つのメリットがあります。

1.お客様の手間を軽減

当事務所でビザ申請を代行することにより、

お客様は、オーストラリア大使館または移民国境警備省と

英語でのやり取りをする必要はありません。

2.豊富なノウハウを有しています

「ビザが不許可になりやすい方」というのは、確実に存在します。

そのような場合は、追加書類として何を準備すればよいか?

どのように立証すればよいか?

について、当事務所は数々の経験から、豊富なノウハウを有しています。

3.個人情報の保護

オーストラリアビザ申請の際に提供するお客様の個人情報は、

パスポート情報、在留カード情報、戸籍情報、クレジットカード番号など

高度に管理が必要な内容になります。

行政書士事務所は、国家資格であり、法律により、守秘義務を課せられています。

4.お客様の声

行政書士横山国際法務事務所は、

外国人向けオーストラリアビザ申請に特化したサービスを提供しており、

これまでたくさんのお客様から高い評価をいただいてきました。

対応地域

当事務所で申請代行いたします(書面申請のみ)。お気軽にご相談ください。

ご依頼いただく場合の流れは、こちら→

電話:03-6264-9388

中文熱線:080-4838-1104

微信号:visa_hengshan4838

邮件咨询请点击

対応エリア:北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

参考ページ:

日本語サイト

中国語サイト

多言語サイト

アメリカビザ(外国人向け)

ニュージーランドビザ(中国人向け)

台湾ビザ・許可証(中国人向け)

タイ・リタイアメントビザ(中国人向け・日本永住者)

 

メインページに戻る