外国人のビザ申請、在留資格申請、国際結婚、永住、帰化、起業支援をメインとした法務事務所

在日外国人のためのオーストラリア観光ビザ

ベトナム人の方はコチラ→

こんにちは。国際行政書士の横山です。

日本在住の中国籍の方から、最近たくさんお問い合わせをいただきます、

オーストラリアへの観光ビザの申請について、

詳しく説明したいと思います。

まずは、このページを参考にしてください。

(重要)2017年2月20日より、中国籍の方のオンライン申請が可能になりました。

ここでの手順は、書面申請を前提としております。ご了承ください。

 

在日外国人のためのオーストラリア観光ビザについて

今回は、日本のビザではなく、日本でビザを持って生活している外国人(特に中国人)の方が、オーストラリア(Australia)に旅行に行く場合には、どうすればいいかについてご説明します。

在日の中国国籍の方が、オーストラリアに旅行で行く場合、事前にVISAの取得が必要です。

 

なお、日本人(日本国籍)の場合は、Electronic Travel Authority (ETA)(サブクラス601)の手続きが必要です。

これは、アメリカ、香港、マレーシア、シンガポール、台湾(一部制限あり)の国籍の方も同様です。

主なヨーロッパの国籍の方の場合は、Electronic Travel Authority (ETA)(サブクラス601)という別の種類の手続きが必要です。

このように、あなたが持っているパスポートによって、申請する手続きがまったく違いますので、自分がどれに当たるのかの確認にはご注意ください。

 

観光ビザの種類は?

さて、中国の一般のパスポートをお持ちの方が、

短期間(3カ月以内)の娯楽、親族・友人訪問等、観光目的で申請する場合に申請するのは、

「訪問ビザ サブクラス600 観光ストリーム(Visitor visa (subclass 600) Tourist stream)」です。

なお、同じ短期間でも、商用・公用目的で訪問する場合、具体的には、学会に出席したり、契約交渉、商談等の出張目的の場合は、「商用公用ストリーム(Business Visitor Stream)」になり、申請書も異なります。

学生で、何かのスポーツの選手(もちろん、プロではありません)が、チームとともに、オーストラリアに遠征に行くという場合も、この観光ストリームに該当します。

 

ビザの必要書類は?

ビザの必要書類は、各人のケースによって若干異なるため、

ここでは、一般的なケースとして、日本在住の中国人の方で、日本で仕事しているか、

または、日本人の配偶者など身分系ビザで生活している場合を前提に、必要書類を挙げています。

もちろん、ケースによっては、これ以外の書類も必要となります。

 

  • 申請書 Form 1419, Application for a Visitor visa – Tourist stream(英文で記載)
  • 申請料金
  • 証明写真 1枚
  • 有効なパスポートの全ページのコピー
  • 在留カードの表裏面のコピー
  • 中国のIDカード(身分証・National identification card)のコピー
  • 個人の銀行口座の預金残高証明書(英文)
  • オーストラリア滞在中の旅行計画書(英文)
  • 日本国籍の配偶者の場合は、日本国籍者の戸籍事項全部証明書(戸籍謄本)(英訳が必要)
  • 日本での在職証明書(英文)

など。

 

申請料金については、海外で使用できる国際クレジットカードをお持ちの場合は、申請書にカード番号等の情報を記入します。

申請が受理されたら、140オーストラリアドル(と手数料)が引き落とされます(2017年7月1日現在)。

 

クレジットカードを持っていない方は、一手間増えてしまいますが、郵便局で、該当金額分の「普通為替証書」を購入し、日本のオーストラリア大使館に納付、レシートをもらってから、ビザの申請ができます。

 

また、書類はすべて英語で書かれている必要があります。

旅行計画書は、ご自身が英語で作成することはできますが、在職証明書は、会社が英語で作ってくれるとは限りません。

また、戸籍謄本は、市区役所が英語では発行してくれません。

その場合、日本語の書類を、英語に翻訳する必要があります。

さらに、日本語またはその他の外国語で書かれた書類の英訳は、翻訳者の指定があります。

オーストラリア公認翻訳者「NAATI」、またはプロの翻訳者による英文翻訳が必要です。

翻訳会社に翻訳を依頼し、翻訳業者のレターヘッドを使用したもの、または社印・認証印の押印、翻訳業者/翻訳者の連絡先が明記してもらうようにしましょう。

あなたが、英語ができるからといって、勝手に自分で翻訳しないようにしてください。

 

申請の提出先は?

書類を整えたら、日本のオーストラリア大使館ではなく、韓国・ソウル オーストラリア大使館ビザ課に郵送することになっています。

国際郵便ですので、EMS等を使用するのが安心でしょう。
注意点としては、パスポートをはじめとして、原本を郵送することのないようにしてください。

ビザが下りても、通常はパスポートにシールまたはスタンプは押されません。

オーストラリアでは、ビザ発給業務に電子システムを導入おり、このシステムによって、パスポートにビザシールを添付することなく電子的にビザを確認しています。

 

また、書類に不備が無く、申請が受理されたら、オーストラリア大使館からメールが届きます。

無事に受理の連絡が来ましたら、後は結果を待つだけです。

審査に係る時間は、標準処理期間が1カ月以内となっていますが、通常は、受理されてから、1~2週間で結果が出ることが多いようです。

許可の際に、メール送信された通知(VISA GRANT NOTICE)のPDFは、プリントアウトして、旅行に行くときに忘れずに持っていってください。

 

不許可になる場合はあるのでしょうか?

ビザ申請後、残念ながら不許可となってしまうことも少なくありません。

不許可の理由は、具体的には明らかにされませんが、日本での滞在歴が短い、日本のビザが短く不安定だ、という理由から、日本での定着性の弱さが指摘され、オーストラリア訪問後、日本に戻らないのではないか?と疑われ、不許可になるケースが多いです。

 

許可される場合も、初回から1年間有効のマルチプル・ビザ(複数回の渡航可)を付与される場合もあれば、シングル・ビザ(1回の渡航のみ許可)の場合もあり、大使館の判断にゆだねられます。

 

みなさんのケースは一人一人違いますので、簡単には判断できないことも多いかと思います。

そういった場合には、是非ビザ専門家である行政書士にお問い合わせください。

 

参考ページ:

中国籍孩子们的澳洲签证

Cách xin Visa du lịch Úc cho người Việt Nam sống tại Nhật

中国籍の方のタイ観光ビザ(空港で取得)

中国籍の方のタイ観光ビザ(大使館で取得)

中国人のオーストラリア観光ビザ申請

中国人がオーストラリアに観光に行くには?

中国人向け澳洲ビザ(観光)申請代行

結婚ビザ(日本人の配偶者)

日本に帰化して、オランダで就労・居住も

ネパールビザ

当事務所でも申請代行いたします(書面申請のみ)。お気軽にご相談ください。

ご依頼いただく場合の流れは、こちら→

電話(03-6667-4918)またはメールで。

中文直撥 080-4838-1104

メインページに戻る

サービス

中国語 english
ご相談などお気軽にお問い合わせください
TEL 03-6667-4918 (中文對應)
営業時間:月~金10:00〜19:00
[緊急時は080-3259-9427(行政書士直通)まで]

サービス

クービック予約システムから予約する
PAGETOP

Copyright © 2014 – ‘2017’ 行政書士横山国際法務事務所 All Rights Reserved.