中文版  こんにちは。行政書士の横山です。

日本在住の中国人の方が、オーストラリア(豪州)に旅行に行く場合には、

事前にVISAの取得が必要です。

日本人(日本国籍)の場合は、

Electronic Travel Authority (ETA)(サブクラス601)

の手続きが必要です。

これは、アメリカ、香港、マレーシア、シンガポール、台湾(一部制限あり)の国籍の方も同様です。

主なヨーロッパの国籍の方の場合は、Electronic Travel Authority (ETA)(サブクラス601)という

別の種類の手続きが必要ですので、自分がどれに当たるのかの確認には注意してください。

 

さて、中国の一般のパスポートをお持ちの方が、申請するのは、

訪問ビザ (Subclass 600)

です。

 

必要書類については、省略しますが、

書類を整えたら、日本のオーストラリア大使館ではなく、

韓国・ソウル オーストラリア大使館ビザ課

に郵送することになっています。

(重要)2017年2月20日より、中国籍の方は、オンライン申請が可能となりました。

 

注意点としては、パスポートをはじめとして、

原本を郵送することのないようにしてください。

ビザが下りても、通常はパスポートにシールまたはスタンプは押されません。

オーストラリアでは、ビザ発給業務に電子システムを導入おり、

このシステムによって、パスポートにビザシールを添付することなく

電子的にビザを確認しています。

 

また、日本語または中国語で書かれた書類の英訳が必要になりますが、翻訳者の指定もありますので、

英語ができるからといって、勝手に自分で翻訳してしまわないようにしてください。

 

行政書士事務所に依頼するメリットは?

行政書士横山国際法務事務所にご依頼いただいた場合、4つのメリットがあります。

1.お客様の手間を軽減

当事務所でビザ申請を代行することにより、

お客様は、オーストラリア大使館または移民国境警備省と

英語でのやり取りをする必要はありません。

2.豊富なノウハウを有しています

「ビザが不許可になりやすい方」というのは、確実に存在します。

そのような場合は、追加書類として何を準備すればよいか?

どのように立証すればよいか?

について、当事務所は数々の経験から、豊富なノウハウを有しています。

3.個人情報の保護

オーストラリアビザ申請の際に提供するお客様の個人情報は、

パスポート情報、在留カード情報、戸籍情報、クレジットカード番号など

高度に管理が必要な内容になります。

行政書士事務所は、国家資格であり、法律により、守秘義務を課せられています。

4.お客様の声

行政書士横山国際法務事務所は、

外国人向けオーストラリアビザ申請に特化したサービスを提供しており、

これまでたくさんのお客様から高い評価をいただいてきました。

 

ビザ申請は、当事務所にお任せください!

まずは、お問い合わせください。

電話:03-6264-9388

中文熱線:080-4838-1104

微信号:visa_hengshan4838

邮件咨询请点击

参考ページ:

日本語サイト

中国語サイト

多言語サイト

アメリカビザ(外国人向け)

ニュージーランドビザ(中国人向け)

台湾ビザ・許可証(中国人向け)

旅行会社様向けご案内