外国人のビザ申請、在留資格申請、国際結婚、永住、帰化、起業支援をメインとした法務事務所

家族滞在ビザから定住者ビザへの変更

「家族滞在」で子どもを日本に連れてきた場合

外国人で日本で仕事して生活している両親の子供の多くは、

「家族滞在」ビザで日本で暮らしていますが、

その子が日本で大きくなって、成人に近づくにつれて、ビザの問題が出てきます。

 

日本で教育を受けて、高校から大学または専門学校へと高等教育を受けるようになれば、

専門的な知識や技術が必要となる就職先を見つけることで、

「技術・人文知識・国際業務」ビザなどの就労系ビザに変更して

引き続き日本に暮らすことができるでしょう。

 

学歴が足らないため、就労系ビザに変更できない場合はどうする?

しかし、両親がともに外国人ということもあって、

中学、高校と進学したものの、なかなか大学までは進学できないというケースも多々あります。

その場合、高校を卒業してから就職しようと思っても、

「技術・人文知識・国際業務」ビザなどの就労系ビザの取得要件に満たないため、

就労系ビザへの変更ができません。

そうすると、「家族滞在」ビザで認められる、週28時間以内のアルバイト

(いわゆる資格外活動)の範囲内でしか仕事ができず、

いつまでたっても、両親の扶養を受け続けなければならないという状況でした。

 

家族滞在ビザから就労可能なビザに変更できる?!

そのようなケースを救済すべく、

一定の条件を満たす場合

「家族滞在」ビザから「定住者」ビザへの変更が認められる可能性があることが

法務省からの通知で明らかになりました。

 

条件としては、

  1. 「家族滞在」ビザで、幼少のころから日本で暮らし、日本で義務教育の大半を過ごしているなど、日本社会に十分な定着性が認められること。
  2. 日本で高校を卒業していること。

その他、高校卒業後、大学等に進学を考えているものの、費用が賄えないため、

一定期間就労して学費を稼ごうとしている場合も、

これに該当してきます。

 

定住者ビザに変更できた場合は?

「定住者」ビザに変更が認められた場合、

就労制限はありませんので、学歴や職歴、または稼働時間を気にせず、

どのような仕事をすることも自由となります。

 

ただし、これはあくまでも例外的に認められるビザですので、

条件が整えば必ず許可されるわけではなく、

ケースバイケースで個別に審査されることになります。

 

兄弟が同じようなケースであっても、

兄か弟どちらか一方が許可されて、

もう一方は不許可ということもあり得ますので、ご注意ください。

 

詳しくはご相談ください。

参考ページ

 

サービス

中国語 english
ご相談などお気軽にお問い合わせください
TEL 03-6667-4918 (中文對應)
営業時間:月~金10:00〜19:00
[緊急時は080-3259-9427(行政書士直通)まで]

サービス

クービック予約システムから予約する
PAGETOP

Copyright © 2014 – ‘2017’ 行政書士横山国際法務事務所 All Rights Reserved.