外国人のビザ申請、在留資格申請、国際結婚、永住、帰化、起業支援をメインとした法務事務所

永住権(Permanent Residence, 永住者)

永住ビザ(Permanent Residence Visa)について

中文頁, Português, Tiếng Việt, Bahasa Indonesia, Монгол

今回は、永住ビザについてご案内していきます。

日本に来て、ある程度仕事や生活が安定してきたら、誰しもが気になるのがこの「永住者」ビザではないでしょうか。完全に「日本人」となる日本国籍の取得(帰化)とよく比べられる「永住者」ビザですが、祖国に両親を残してきている間は、親からもらった国籍を変更してしまうことに、少なからず心理的抵抗感があるものですが、その分、「永住者」ビザであれば、国籍はそのままに、日本でずっと生活できる永久的居住権を得られることもあって、外国人であれば誰でも取りたい!と思うのではないでしょうか。

帰化の条件が日本に住所を有してから5年とあるのに対し、「永住者」ビザの条件は、原則10年日本に在留していることとあり、一見すると、帰化よりも永住の方がハードルが高そうですが、一概には言えませんが、帰化の方が永住よりも揃える書類が多く、審査にも時間がかかります。

 

私の場合は永住権申請できる?自分でもできるチェックシート!

はたして「永住者」ビザの申請が可能なのか? 以下に簡単なチェックシートを用意しましたので、まずはご自身でチェックしてみてください。

<チェックシート>

  •  継続して10年以上日本に住んでいる
  •  10年の日本滞在期間のうち、就労ビザまたは居住ビザを持って5年以上在留している
  •  現在3年か5年のビザを持っている
  •  日本国および海外で法令違反歴や犯罪歴がなく、素行が善良である
  •  罰金刑や懲役刑などを受けていない
  •  納税義務を果たしている(未納がない)
  •  健康保険、年金等の公的義務を果たしている(未納がない)
  •  安定した職があり、一定程度(年収300万円が目安)の定期収入がある
  •  生活保護等の公共の負担になっていない

いかがでしたか?全部チェックがつきましたか?一つでもチェックがつかない項目があったり、チェックできるか不安な場合は、是非ビザ専門家にお問い合わせください。

 

「永住者」ビザの審査のポイント

「永住者」ビザの審査のポイントは、2つあって、一つは経済的条件です。安定した収入があり、定職についていることが前提となっています。あまり頻繁に転職を繰り返していて、さらに、転職の際の入管への届出義務を履行していないような場合は、不許可になることもあります。ただし、転職がすべて良くないわけではなく、順調にキャリアを積んでステップアップされている方であれば、経済的な能力があり、将来的に安定した生活が見込めると判断され、許可へとつながります。

もう一つのポイントは、素行が善良であることになります。運転免許を持っている方なら、ちょっとした駐車違反やスピード違反など道路交通法の軽い違反が一つでもあったらダメなの?と心配されるかもしれませんが、こちらもどの程度深刻かという観点で見ていきます。飲酒運転、無免許運転、20キロを超えるスピード違反、これらを繰り返し行っているなど、明らかに悪質な違反がある場合には、素行善良と認められない可能性が高いです。また、留学生や家族滞在ビザでの来日歴がある方は、アルバイトの時間超過があっていたりする場合も、不許可となる可能性があります。

また、日本人や永住者の配偶者、または子供の場合は、経済的な基準や日本滞在年数の点で優遇される特例の規定もあります。定住者ビザや、高度人材ビザを持っている方も、10年の基準が5年に緩和されるなどの例外もあります。ご家族で永住ビザを申請するケースですが、お父さんもお母さんも子供もすべてチェックマークに○がつく必要はありません。例えばお父さんが家族を養っている場合は、お父さんが基準を満たしていれば、お母さんと子供は簡単な基準のみで、家族全員申請できるのです。

永住ビザは取り消されることもあるって知ってました?

「永住者」ビザを取得したとしても、懲役・禁固刑で処罰されたり、虚偽文書を作成・使用したりといった退去強制に該当することをしてしまった場合には、日本国外に強制的に出国させられてしまい、永住ビザを失うことになります。

特に増えているのが、不法就労助長行為をしてしまって、永住者の人が退去強制させられてしまうケースです。「不法就労助長罪」というと如何にも悪質な地下組織やブローカーの犯罪のように聞こえてしまいますが、一般の経営者の方でもフラフラっと魔が指してしまうのがこんなケース。アルバイトで雇った同郷の留学生や家族滞在ビザの方を週28時間以上働かせてしまえば、その経営者は不法就労助長罪で逮捕されるのです。ご存じのとおり、留学生や家族滞在の人は、資格外活動許可を持っていても、週28時間を超えて勤務はできません。留学生や家族滞在ビザのご本人が問題になるのはもちろん、雇用する会社側(経営者)が罪に問われています。不法就労助長罪は、刑法で罰金刑などが決まっていますが、それ以外にも、入管法で問題となります。「永住者」の経営者であっても、不法就労助長罪を犯したら、国外に退去させられます。一度退去されられると、原則5年は帰って来られません。惣菜屋の社長が2年以上もの間、家族滞在の奥さん数名をフルタイムで勤務させていた事件がありました。その社長は、永住者でしたが、国外に退去させられています。永住を取ったからと言って、日本の法令をきっちり遵守することを忘れないでください。知らなかったでは済まされないのです。

 

参考:永住の許可率について

日本版高度外国人材グリーンカード

申请日本永住的标准(中文)

 

まずは、お問い合わせページまたは、電話(03-6667-4918)からご相談ください。

For Burmese,
永住チェックシートBurma

メインページに戻る

サービス

中国語 english
ご相談などお気軽にお問い合わせください
TEL 03-6667-4918 (中文對應)
営業時間:月~金10:00〜19:00
[緊急時は080-3259-9427(行政書士直通)まで]

サービス

クービック予約システムから予約する
PAGETOP

Copyright © 2014 – ‘2017’ 行政書士横山国際法務事務所 All Rights Reserved.